酵素ダイエットと他のダイエット方法の比較

ダイエット方法の比較

「いろいろなダイエット方法がありすぎてわからない!」、「自分に向いているダイエット方法は?」とお悩みの方のために、話題のダイエット方法4種類のポイントを比較してみました。

今話題のダイエットといえば、「酵素ダイエット」「ロングブレスダイエット」「プロテインダイエット」、そして「夜トマトダイエット」。それぞれの特徴を見て、自分に合ったダイエット方法を見つけてください。


酵素ダイエットのポイント

「酵素ダイエット」のポイントは次の3つです。

  1. 「『酵素ドリンク』や『酵素サプリ』を食事に代えて飲む」ことが基本
  2. 「1日の食事のうち1食を断ち、代わりに酵素ドリンクやサプリを摂取(置き換え)」する「プチ断食」と、「3食すべてを酵素ドリンクやサプリに置き換え、それを2〜3日間続ける」という「断食」の2種類の方法が主流
  3. 人間が本来持っているものの、現代の生活では不足しがちな「酵素」を積極的に摂取することで基礎代謝を上げ、痩せやすい体を目指す

酵素ダイエットというのは、「酵素」を含む食品を積極的に摂ることで体質改善を目指すダイエットのようですね。
「酵素」はそもそも人の体内に含まれているもので、生命活動維持のために必要なエネルギー量、つまり「なにもしなくても消費されるカロリー」である「基礎代謝」の量に大きくかかわっています。
現代人は酵素が不足しがちなので、「酵素を食品で補って基礎代謝を上げ、健康的にカロリーを消費する身体を目指そう」というのが酵素ダイエットなのです。

特徴的なのは「食事をドリンクやサプリに置き換える」ダイエット方法です。1日1食を置き換える「プチ断食」の場合、まずは1か月ほど続ければよいのだとか。これは確かに気軽にトライできそうな気がします。
一方で、3食すべてを置き換え、しかもそれを2日間も続ける断食は正直結構きついように思います。空腹との戦いはつらいものです。

ただ、よくある「食事の代わりに○○だけを食べるダイエット」と大きく違うのは、酵素食品を摂ることで体の中から整えられ、基礎代謝も上がって「太りにくい体を作っていける」という点ですね。健康的にダイエットできて、しかもそれを維持できるというのは魅力的です。
酵素ダイエットを試している人のブログを見ていると、断食も慣れてくればさほど苦痛ではないようです。ダイエットが好調なだけでなく、お肌の調子がいい、お通じがいい、なんていう一石二鳥、三鳥?もいろいろあるようで、美容の面でもいいのかもしれません。

「運動するのはちょっと…でもダイエットしたい!」という人には酵素ダイエット、おすすめな気がします。

ロングブレスダイエットのポイント

次にもうひとつ、今話題の「ロングブレスダイエット」について調べてみました。

「ロングブレスダイエット」は、53歳とは思えない健康的な姿で有名な俳優、美木良介さんが提唱しているダイエット法です。
言うなれば彼が独自に開発した自己流のダイエットなのですが、その内容はとてもシンプル。“ロングブレス”の名の通り、ある呼吸法をワンセット2分×1ヵ月続けるだけで体質を改善していくというものです。彼自身は腰痛を治すために「インナーマッスルを鍛えよう」という目的でこの呼吸法に取り組んだところ、スーツや洋服をすべて買い替えなければいけないほど、劇的に痩せたのだそうです。

それではロングブレスダイエットのやり方をご紹介します。と言っても、とっても簡単。2種類の呼吸を合計2分やるだけです。やり方はこんな感じです。

  1. お尻を締めます。お尻を締めるために左足を少し前に出して立ちます
    (横から見た姿勢は、お尻を締めるために少し後ろに反った感じです)
  2. 3秒で鼻から息を吸い、7秒で口から吐く。息を吐くときは体全体に力を入れます。
    これを6回=1分間行います
    (口から息を吐くときは、自分の耳に入るくらい音を立てるそうです)
  3. 次はおへその下の「丹田」と呼ばれる部分を、息を吸うときも吐くときも常に引っ込ませて呼吸します。吸うときに引っ込めて、吐くときにはさらに引っ込めるイメージです
  4. お尻を引っ込めるために一度背伸びをしてから、「3秒で吸い、7秒で吐く」を計6回、1分行います

ゆっくりと長い呼吸を繰り返すと、インナーマッスルが鍛えられてダイエットにもいいはたらきがあるそうです。しかも、筋肉量が増えていくと基礎代謝が上がるので、太りにくい体になっていくそう。
激しい運動はちょっと…という方でも、2分くらいなら何とか続けられそうな気がしませんか?
まずは、1日2分、だまされたと思って1ヵ月続けてみるのもいいかもしれません。

プロテインダイエットのポイント

「プロテイン」と聞くと「筋トレに励むマッチョなお兄さんが飲むもの」というイメージがありました。ところが、芸能人が「これを飲んで○キロ痩せました!」って言っている、よく見かけるあれこそが実は「プロテインダイエット」だったのです。
よく考えてみれば「プロテインを飲み、筋肉を付けてダイエットする」ということなら、至極まっとうなダイエット方法のような気がしますよね。
女芸人さんがすっきりと美魔女になっているのを見ると「いいなぁ」と憧れてしまいます。

さっそく、どんなやり方なのか調べてみました。やはり「筋肉量を増やして基礎代謝を上げよう」というのが「プロテインダイエット」の考え方でした。
やみくもに食事制限をすると、栄養素が不足しがちになり、筋肉をつけるどころか落ちてしまったりするのですが、プロテインダイエットで使うプロテインドリンクは必要な栄養素をきちんと摂取できるような成分内容になっていることがポイント。高タンパクで低カロリーなドリンクを飲むことで、効率よくダイエットすることができるようです。
ポイントは次の通りです。

  1. プロテインドリンクを食事と置き換える。1食から2食の置き換えが主流
  2. 甘いものが欲しくなったらプロテインドリンクを飲む
  3. 飽きないようにいろいろな味のプロテインドリンクが用意されている
  4. プロテインの摂り過ぎに要注意。体重1kgに対して1g以内が目安

どうやら、とにもかくにも「プロテインドリンクを飲む」というダイエット方法なので、味が苦手だったりするとこのダイエット法はつらいかもしれませんね。
また、プロテインドリンクを販売しているメーカーのWebサイトを見ると、補助的に他のサプリを一緒に飲むよう勧めているところがたくさんありました。「効率よくダイエットするためにはこれも飲んだほうがいいよ」というわけで、確かに効率はいいかもしれませんが、徐々に金額もいい感じになってきます。費用対効果で考えると、少し重い気もしますね。

夜トマトダイエットのポイント

りんごダイエット、きのこダイエット、バナナダイエット、納豆ダイエット…「この食品を食べればいい」という「○○ダイエット」はこれまでも様々なものが話題になってきました。

中でも、最新のトレンドが「夜トマトダイエット」です。今までのダイエットと違うのはパッと見て気づく「夜」というワード。これ、気になりますよね。どんなダイエット法なのか調べてみました。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉もあるくらい、トマトの成分はビタミンやミネラルなどの栄養がとても豊富です。
寝ている間には「成長ホルモン」が分泌されます。夜にトマトを食べると、トマトの栄養豊富な成分が、この成長ホルモンの効率化を促して、基礎代謝を上げてくれるというのです。

「夜トマトダイエット」とは、その言葉通り「夜、トマトを食べる」ダイエットでした。ポイントは次の通りです。

  1. 夜、夕食にトマトを食べる。ジュースでも加熱したものでも何でもいいそうです
    生で食べるなら……大2個
    トマトジュースなら……350mlを2〜3本
    料理なら……ホールトマト1缶ほど
  2. なるべく赤く熟れたトマトを選ぶ。
    これは赤いほうが、抗酸化作用に優れたリコピンが多く含まれているから。
  3. 3ヵ月は続けること

夕食で一度に食べるにしては、食べなければならない量がなかなか多いようです。毎日続けるとなれば、相当頑張らないといけませんね。
これを続けることを考えれば、成分だけを効率的に摂取できるトマトのサプリが流行っているのにも納得です。
夜トマトダイエットのいいところは、ダイエットだけでなく美肌をめざす方にもうれしいポイントが多いところです。なにしろ、健康的にダイエットできるのは魅力的です。しかし、「3ヵ月は続けること」とあるように、時間をかけてじっくり取り組むタイプのダイエット方法のようですから、短期間で結果を出したいという人には不向きかもしれません。

あなたに向いているダイエット方法はこれ!

話題のダイエット方法のポイントを挙げてみましたが、比較してみていかがだったでしょうか。自分に向いていそうなものはありましたか?
それぞれのダイエット方法がどんな人に向いているか、まとめてみました。


酵素ダイエット

激しい運動をせず楽にダイエットしたい・短期間でダイエットしたい・食事制限はなるべく軽い方がいい


ロングブレスダイエット

ダイエットにあまりお金をかけたくない・筋肉をつけながらダイエットしたい・食事制限はせず、いつも通りにしたい


プロテインダイエット

激しい運動をせず楽にダイエットしたい・短期間でダイエットしたい


夜トマトダイエット

激しい運動をせず楽にダイエットしたい・食事制限はなるべく軽い方がいい


酵素
ダイエット
ロングブレス
ダイエット
プロテイン
ダイエット
夜トマト
ダイエット
激しい運動をせず楽にダイエットしたい
短期間でダイエットしたい
食事制限はなるべく軽い方がいい
食事制限はせず、いつも通りにしたい
ダイエットにあまりお金をかけたくない
筋肉をつけながらダイエットしたい

自分にピッタリのダイエット方法で、理想の体を手に入れたいですね!